ナンパ講習は郷田ゴー。過去何人もの講習生を成功させてきました。
恋愛本を二冊出し、『SPA!』等の雑誌に何度も掲載され、『5時に夢中!』に3回出た実績があります。

godagochannel@gmail.com

「軟派」ではない「難破」という思想

僕が2012年にコアマガジンの『ニャン2倶楽部』で編集者にインタビューされ提唱した思想に「難破」というものがある。

難破

それはどういうものか。

僕がかつて出した商材『軟派をするな。難破せよ』から引用する。

よくナンパブログで、「一度道を聞いて、一旦離れて、戻ってきてその子にもう一度『ありがとう』と声をかけろ」などと言うが…

それは嘘だ。

長い長い。女のコはそんなに待ってない。

大体「必ず成功する声のかけ方」なんてない

俺にいわせりゃそれは

「軟派」

だ。

柔らかい、ラクなことをしたいという方法を見つける「軟派」。

人生はラクじゃない。

「楽しい」と「楽」は違う。

え?

お前もナンパしてるだろって?

それは違う。

俺のやってるのは、

難解な、困難な局面を打ち破る、

難破

なんだよ。

2011年の漢字一文字が「絆」に決まったらしいな。
ちゃんちゃらおかしい。

2011年の一字は、

「難」だろ。

災難。国難。

そんなときにな、「難しい」「しんどい」ってピーピー愚痴るのは簡単なんだよ。

そのその「難」を、いかに「破」できるかが重要なんじゃねえか?

それが

「難破(なんぱ)」

だよ。

ただチャラチャラと、ヤれそうに声をかけるなんて、
俺に言わせれば「軟派」なんだよ。

そうじゃない。

無理めな女に行くこと。

怖がる自分の心を押さえて、一歩前に進み出すこと。

難しい状況でも声をかけること。

これが

難破(なんぱ)

なんだよ。

男子(おとこ)がやるのは「軟派」。

漢(おとこ)がやるのは「難破」なんだよ。

ということでも君たちにも「難破」を目指してほしい。

安易な軟派に妥協するな!

闘争本能まで去勢されるんじゃない!!

原始、誰もが狩猟民族だったんだ!

難局を打破する難破とは

荒削りな文章だが、今でも根本的には間違っていないと思っている。

マスコミに取材されて必ず聞かれる質問が

「ナンパしやすい女性の特徴を教えてください」だ。

わからんこともないけど、この質問には 「(断られるのがいやだから、断られなさそうな)ナンパしやすい女性の特徴を教えてください」
という、かっこ書きが見え隠れする。

それでは、根本的な解決にならない。

ナンパという行為が、「ナンパしやすい女が来るのを待つ行為」になってしまうだろう。

そしてそんな精神状態では、果たして「ナンパしやすい女」が来たとしても、声をかけることができるのだろうか。

四の五の言って、結局声をかけないのではないだろうか。

それに、「ナンパ」の究極の目的であり、
合コンや相席屋での出会いと一線を画すことはなんだろうか。

それは、
「選択肢にとらわれず、自分の本当に好みのコと出会うことができる」
ということだ。

合コンに現れた3人の1人とかではなく、
たまたま相席した2人の1人とかではなく、
街中から、本当に自分の好みのコを探し、声をかけることができるのだ。

その時に見つけたあなた好みのコは、果たして
「ナンパしやすいコ」だろうか。

おそらくそんなことはないのではないだろうか。

好みのコに声をかけれる精神力を身に着ける

一番大事なことは、好みのコが現れたときに、声をかけることができる精神力を身につけることだ。

そのためには日ごろから「軟派」ではなく「難破」を行い、
本当の精神力と、声かけの地力を養っておくことだ。

郷田ゴーのナンパ講習では、
「簡単に美女をゲットできる」
とは言わない。

ナンパ初心者の方が美女をゲットするのは難しいだろう。

だが、そこにいたるまでの道筋をつけれるように、
徹底的にサポートする。

当然、あなたにもがんばってもらう。

公文式のように、レベルに合わせてカリキュラムを組むが、
しかし医学部予備校のように、やるときは徹底的にやってもらう

件名に「個人コンサル希望」と書き、godagochannel@gmail.com にメールください。

ナンパ講習決済

郷田ゴーナンパ講習

定価50,000円のところ

特別価格30,000円

(これに加え、二人分の
街コン料金がかかります)

お申込みはコチラ

★お気軽にお問い合わせください★

お名前
Mail(半角)
性別 男 
お問い合わせ内容